債券投資のリスク

| 未分類 |

債券投資には様々なリスクがあります。債券に固有のものが信用リスクです。発行体は償還の時にキャッシュを渡さなければならないわけですが、キャッシュフローが悪化しているとそれができない場合もあります。そうなった場合には、一円もかえってこない場合もありますし、元本割れしてかえってくることもあります。倒産した場合には償還することもできないわけです。このようなリスクを信用リスクと呼びます。
債券と言っても価格は変動します。中途換金しようと思ったときに価格が下落していて売買差損が発生する可能性もあります。これを価格変動リスクと呼びます。
円建て債券の場合には為替レートによって償還時の金額が変わることはありませんが、外貨建ての債権の場合には為替レートの変動によって円ベースでの価値が下落することがあります。例えば、ドル建て債券の場合には円高ドル安になると価値が目減りしてしまう可能性があります。ですから、為替レートには注意しておく必要があります。
もう一つのリスクが流動性リスクです。売ろうと思ったときに売ることができない場合があります。デフォルトが懸念されているときに売ろうと思っても、買い手がつかずに売れないと言うこともあるのです。