為替変動リスク

| 未分類 |

為替レートは様々な金融資産に影響を与えます。日本経済がグローバル化していることの証拠だと言うこともできるのですが、為替レートの取引を行っている人だけではなくて、株式や債券を取引している人も為替レートには敏感になっていると言えるでしょう。
為替レートが変動する事によるリスクを為替変動リスクと呼びますが、直接的に影響を受けるのは外債や海外株式など、海外資産に投資をしている場合だと言えるでしょう。例えば、ドル建てで株式を保有していた場合、ドルベースで資産価格が上昇したとしても、円に換算するとマイナスになっている事もあり得ることだと言えるでしょう。外債や外国株など、海外資産に投資をしているときにはダイレクトに影響が来ますが、国内資産の場合にもやはり影響はあると言えるでしょう。
円安になれば株価が上がるというのは、すでに多くの人の知っていることでしょう。円安になれば輸出企業の業績が上がるという傾向がありますから、そのために株が買われるという傾向があります。株価が上がれば他にもいろいろな影響がありますから、為替レートが変動する事によるリスクは海外資産だけではなく、国内資産にも影響がある事を把握しておく必要があります。